学校の定期テストで点数をあげる最短の方法は「勉強のやりかた」のところで暗記と書きました。試験の得点アップに暗記は最強です。

今の時代とても便利で良いか悪いかわかりませんがお金さえ出せば大抵の事はやって貰えます。

小学校にいそうな優しそうな先生

勉強代行システムとかでお子さんの代わりに誰かに勉強してもらい、その勉強した成果をそのままお子さんの記憶として残せるサービスがあれば保護者の方の利用が激増するでしょう。

近未来ではそういうビジネスも興るかもしれませんね。でも、今は無理です。

代行が無理なら、自分で詰め込むしかありません。

人間は昔からずる賢いところがあるので、そういう時に「ヤマをはって出そうなところだけ覚える」んです。ちょとベタですがおすすめの勉強法ではあります。

残念ですが「テストで点数を上げる方法」で、「簡単に時間がかからないと言う意味」での最短の方法はありません。

活発な先生

他に効果的なテスト対策で、やれば点数があげる方法はないのか?

以下をおすすめします。

情報戦略

以下は、人生においてもとても大切な力です。

試験準備の定番は過去問を知る事。定期テストであっても受験の練習にもなります。

次に大切なのは出題者の意図を推測する事、そして最後に、

一番大切なのは目標に向かって徹底的に努力出来る力だと思います。

 

過去問収集

卒業生(近所のお姉さんやお兄さん、部活の先輩など)に声をかけ過去のテスト問題をコピーさせてもらう

最強は実のお姉ちゃん、お兄ちゃんのテスト問題を借りるのが一番

探索(先生観察)

授業中に先生の発言や表情、声の感じ、板書を全て多角的に捉え、これ出る!ポイントを見逃さない

悉皆(しっかい)

言葉のごとく「しらみつぶしに全部」のワークをやりこみ(3回)、十分な準備を行う